ブログ

Trestres日記 -9 /14

こんにちは♪コトリノス事務局の鈴木です!

先日、コトリノス第二回目の撮影遠足が開催されました!

場所は、鶴見緑地公園内にある、「咲くやこの花館」。

雨天時でも決行できるようにこちらの場所を選んだのですが、当日は気持ちの良い秋晴れで、太陽の光もとても綺麗でした。

お一人様の方、子連れ参加の方、全部で11組!

館内に入り、まずは先生のプチ講義。

今回は、たくさんの写真家さんの例を挙げながら、「グッとくる良い写真とは?」についてお話ししていただきました。

ママが我が子を撮って、可愛い写真が撮れるのは当たり前…。そこで終わりではなく、「うちの子可愛いでしょ!?」の一歩先の写真を撮りましょうよ!って。

うちの子の写真を、他人が飾りたいと思うかどうか?もっとたくさんの共感を得られる写真を撮るには、「私の写真ってこれなんです!」と、タイトル、テーマ、コンセプトを決めて撮ることが大事ですよ、と。

 

先生のお話を踏まえ、各自撮影タイムへ突入。

私もカメラ片手に館内を物色。今回の被写体は我が子ではなく植物。我が子以外、何をどうやって撮ればいいのやら…しかも、テーマ?コンセプト???

うーんうーんと悩みながら歩いていると、「今日の気分で撮ってみたらいいですよ!」と先生がアドバイスくださったのですが、今日の気分!?私の気持ちを表している植物って何!!?と、更に混乱(笑)

む、難しい…

同じように、悩みながらみなさんも撮られているようでした。

 

1時間ちょっと撮影した後は、外へ移動しレジャーシートを敷いてピクニック。

お昼ご飯を食べながら、各自どんな思いで今日撮影したか、今日の感想などを話し合いました。

同じ場所で、同じ植物を見ているはずなのに、みなさんそれぞれ感じ方、切り口が違っていてとても面白かったです!

そして、「子供以外何をどう撮ったらいいか分からない!」という声が多い中、「なんぼでも撮るものありますやん~!!!」と、先生。このやり取り、毎度ありますね(笑)

植物をただ普通に撮ってるだけではどうしても図鑑っぽくなってしまう…図鑑の写真ではなく、アートにするにはやはりテーマやコンセプトが大事なんだなというのが、他の方の写真を見て痛感いたしました。

いつもの我が子の撮影とは一味違った今回の遠足。

考えながら撮るのでなかなか難しかったと思いますが、またこういう機会があれば是非参加してみたいと!いうお声もいただけましたので、今後もこのような撮影会を企画していけたらなと思っております。

色んな受講生の方と出会えて刺激を受け合えるのもコトリノス遠足ならでは♪

次回は、遠足ではありませんが、年末のコトリノスグランプリに向けての講評会を予定しております。グランプリに応募候補の写真をそれぞれ持ち寄っての講評会で、去年も大変好評でした。他の方の写真をここでも見れるチャンスですよ!

詳細はまた決まり次第お知らせいたしますので、是非楽しみにしててくださいね!

過ごしやすい季節になってきましたので、カメラ持ってどんどんお出かけいたしましょう♪

9/14 遠足のお知らせ

こんにちは、事務局です。
撮影遠足のお知らせです。
– – – – – – – – – – – – – – – – – –
コトリノス 秋の撮影遠足
~鶴見緑地公園 咲くやこの花館

【    日  時    】2017年9月14日(木) 10時 (雨天決行)

【    場  所    】鶴見緑地公園咲くやこの花館 入口集合

【    料  金    】咲くやこの花館 入館料 500円・プチレッスン料 1,000円

【    持ち物    】カメラ、参加費(天気がよければ)昼食、レジャーシート

【    内  容    】

10時集合 プチレッスン
その後、撮影会12時頃 昼食
公園でピクニック(各自昼食持参)※雨天時は近くのレストランに移動します。

昼食後、時間がある方は、撮影会
14時 解散予定

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

プチレッスンは
『喜怒哀楽を感じる写真家』
というテーマで、先生にお話ししていただき
そのあと、みんなで撮影会をしたいと思います。

コトリノス、二回目の遠足です。
今回も子連れでの参加はもちろん、

お一人での参加も大歓迎です!

ドキドキしてしまう気持ちもありますが、
会えば、カメラ・写真を通して
あっという間に、みんな仲間になってしまいます!

ぜひご参加ください。

お待ちしております。

【 お申し込み はコチラから↓】

Trestres日記ー8/8

こんにちは。増田です。

今日は12月に開催される コトリノス( Photo ♥︎ mama )グランプリ 
について書きます。

今回から「テーマ」をしっかり掲げようということになりまして、

そのテーマが

ママが「この瞬間が、宝物」と思うとき

題して Precious moments
そのモチーフを

我が子や、家族、またそれに纏わる風景

と、わかりやすくいたしました!!

これまでは、「今年一番の写真」と聞かれたら答えるというお粗末なシステムでしたので、これでググぐいっとわかりやすくなったのではないでしょうか???

これでもって今年は、まいりますので、皆様どうぞよろしくお願いします。
ママだから撮れる 『Precious moments』

今年撮影したものやこれまで撮影した中から選んでいただいても、
今年のこの後もりもり撮影していただいても、 OK。

このグランプリ提出を目標に、お気に入りの写真を候補に挙げながら撮りためていただければ、それはあなたの宝物に間違いなくなりますよ!

また何回でもご案内をしていきます。

こちらのブログでもご案内していますが、
今後の流れもちょっとここに記載しておきます。

■グランプリ開催までの流れ■

 

12月1日   2017 グランプリ募集開始

12月初旬   どの写真を出そうかな?という方との相談会

12月末日   提出締め切り

1月8日頃   提出した方のみが見られる限定公開のweb URLを 送付

1月末までに  審査員による上位2作品 絞り込み作品発表

2月1日から  一般投票により、上位作品の投票

2月14日   締め切り

3月初旬   写真展 と グランプリ表彰式 と
希望者への photo review (スキルアップ講座)

それまでに

8月初旬    テーマの発表

9月10月中には 審査員の発表

そして新たなメンバーもたくさん募りたく、
ママのための写真教室では現在秋からのレッスンの募集をしています。

 

写真はカメラ女子  Hanちゃん。

Trestres日記 – 7/13

『わたしの、なんとなーく』

こんにちは。
7月もあっという間に半分過ぎようとしてます。
梅雨明けももうすぐでしょうか。

夏休み、子供たちと毎日何をしよう?
そして、その瞬間瞬間をどのように残していこう?
と、ワクワクしているコトリノス事務局の荒木です。

さて、先日(6月29日)に、コトリノス発足第一弾イベントとして
みんなで国立国際美術館へ遠足に行ってきました。

その時の様子はこちらに詳しく載っています。

http://cotorinos.net/2017/06/30/hello-world/

そして!参加者のみなさんには宿題が出されています。

『難しいことは考えず、展示の仕方でも何でもいいから、一つでも自分の写真に活かせるな、ということを見つけてください。そして、今日の一枚を選んで後日提出してください。』

今回、提出していただいた写真は、参加者だけが見ることができる非公開アルバムという形をとっています。
(LINE@を事務局として活用していますが、どなたに登録していただいているかはこちらでは把握できない仕組みで、出入り自由な状態であるため、念のためこのような共有方法をとらせていただきました。)

みなさまは、もう提出されましたでしょうか?

実は私もついさきほど提出したばかりです。

一枚選ぶ。そして、その写真へ込められた想いや選んだ理由を述べる。
簡単なようで、とてもとても難しいですよね。

私も悩んでいました。
きっと、まだの方も、同じように悩んでいるのかなぁ、と思います。

そこで、今日は私が選んだ一枚と、その選んだ理由、今後への想いを書きたいと思います。

私は普段、芸術や美術と聞くと「苦手だなぁ、よくわからないなぁ」と思うタイプです。

今回もみんなで遠足に行くことは楽しみだけど、行き先が美術館なんて、不安すぎる!と思っていました。

そんな不安と共に足を踏み入れた美術館でしたが、日常の何気ないものも、ふとした瞬間全てが芸術であるのだよと、教えてくれるような様々な展示でした。

さらに、写真を撮ってもいいというフランクさ(と、私は感じました)。美術館への心のハードルがどんどん下がっていくような感覚でした。

そんな私が選んだ写真は、これです。

館内で椅子に座って作品を見ている男性。
もちろん知らない方です。ぼーっと見ていたのか、じーっと見ていたのか、考えごとをしていて見ていなかったのか、それはこちらからはわかりませんでしたが、この男性を含むこの空間が、私にはアート?!と感じてパシャリと撮らせていただきました。

そういうことなのかな?
決まりなんてないのかな?
あまり難しく考えなくていいのかな?

これが、私がこの日、久しぶりに美術館に行って、感じたことでした。

なんでもいいと思います。

みんなで同じものを見てきたのですから、そして遠足のブログもありますから
みんながあっと驚くような写真を選ばなきゃ!なんて思わなくていいと思います。

行ってきたよね。
こんな作品あったよね。
私、なんとなくこれが好きだわ。
私はこれがおもしろかったわ。

そのくらいの軽い気持ちでぜひぜひ投稿してください。
そのくらいの軽い気持ちで他の方の投稿にコメントも大歓迎です。

遠足で出会ったご縁、非公開アルバムで、またつながっていけたらいいなと
思っています。

最後に
わたしの、なんとなーく。なんとなーく。

玉の球と、紙の四角と、光の丸がなんとなく好き。

 


最初に目にしてなんとなく親近感。
5年ぶりに子供なしで過ごす時間を持てても
ついつい考えてしまうのは子供のこと。

あ、これ、喜びそう。さわらないで!って怒らないとあかんパターンやな。と。

なかなかみんなで集まる機会は持てないですが
少しずつ少しずつ、輪が広がってつながり続けられたらいいなと思います。

そんな楽しい遠足、新たな出会いがある遠足、
一日中カメラと写真に接していることができる遠足、
参加したかったーという方!!
もう一度参加したいという方!!!
次回の予定は、もう決まっています。

9月14日木曜日 秋の遠足 鶴見緑地公園
ぜひぜひ、予定を空けておいてください。

一緒にどっぷり写真の世界につかりましょう。
お会いできるのを事務局一同楽しみにしています☆

Trestres日記 – 6/29

『6.29 コトリノス撮影遠足レポ』

こんにちは♪コトリノス事務局の鈴木です!

今日は、先日コトリノスとしての初めてのイベント、撮影遠足の様子をお伝えしたいと思います。

今回の遠足場所は、中之島にある国立国際美術館

 

 

キッズスペースもあり、子連れで鑑賞もできます。小さいお子様と一緒に、ベビーカーで参加してくださった方もいらっしゃいました。

鑑賞前に先生より、難しいことは考えず、展示の仕方でも何でもいいから、一つでも自分の写真に活かせるな、ということを見つけてください。そして、今日の1枚を選んで後日提出してくださいね、という宿題が…。

今回の特別展「ライアン・ガンダー展」では撮影が許可されていたので、コトリノスのみなさん、一生懸命撮影されていました!!

ほら、もうみなさん這いつくばって…(笑)

ただ作品を「鑑賞する」というだけでなく、「撮影する」という目的があると、
また作品の見方も変わってきますよね。
どう撮ったら面白いのか?どこから撮ると美しく撮れるのか??などなど、みなさん試行錯誤しながら撮っている様子がとても印象的でした。

他のお客さんからは、「何事だ!?」と思われたでしょうが(笑)

 

1時間ほど鑑賞した後は、館内のレストランへ移動しプチレッスン&ランチ。

プチレッスンでは、Instagram映えする構図の話や、フォロワーの多いインスタグラマーの写真の分析などを学び、それを活かしてランチを撮影してみることに!

「俯瞰で撮ってみましょう!」と言われ、必死に上からスープを撮影…

 

メインも撮影!インスタは、空間と余白が大切だそうです。

みなさん、う~んう~んと頭をひねりながら、早く食べたいのを我慢し必死に撮影してました(笑)

 

そして、ランチしつつ自己紹介し、みなさまにこの日の感想を述べていただきました!

今回は現代アートということもあり、美術鑑賞なんて難しいのでは?楽しめるのかしら??と思って参加された方もいらっしゃったと思います。私もその一人でした(笑)

でもみなさんから、面白かった、参加して良かったと言っていただけました。案外、美術鑑賞ってハードルが高くないんだなあと。

お店を出た後も、メニュー表を前にまだまだ講義は続き(笑)

メニューだけでもここまで熱く議論ができるんですねー!

「私ならもっとこう撮る!」というえみ先生の熱弁がこの写真からも聞こえてきそうです(笑)

雨も上がっていたので、時間がある方は、美術館の外でまた撮影。

「子供がいなかったら、何をどう撮っていいのか分からない…」と嘆くみなさんへ、「こんな撮り甲斐のあるシチュエーションでどうしてそんなこと思うの!?」と不思議がるえみ先生(笑)

じゃあこの50mの間に50枚、面白いと思うものを撮ってください!!と言われ、またまたみんなで撮影会。モノクロで撮られてる方もちらほらいらっしゃいました。

今日の1枚をどの写真にしよう!?とみなさん悩みつつ、遠足は終了となりました。

いつもの「子供を撮る」とは一味違った今回の遠足。

アートを通して、いつもとは違った視点で写真を撮ることができたのではないでしょうか?みなさんの感想を一部ご紹介。

 

・固定観念で写真を撮るのではなく、遊び心が大切だと思った

・日常の何でもないものも、アートになるんだなと思った

・参加できる美術展で面白かった

 

この遠足が少しでも、みなさまの写真ライフにプラスになったのであれば、事務局一同、大変嬉しく思います。

始動したばかりのコトリノス。まだまだ至らない点は多々ございますが、今後も楽しい企画を考えていきますので、みなさまどうぞよろしくお願い致します!