Trestres日記 -9 /14

こんにちは♪コトリノス事務局の鈴木です!

先日、コトリノス第二回目の撮影遠足が開催されました!

場所は、鶴見緑地公園内にある、「咲くやこの花館」。

雨天時でも決行できるようにこちらの場所を選んだのですが、当日は気持ちの良い秋晴れで、太陽の光もとても綺麗でした。

お一人様の方、子連れ参加の方、全部で11組!

館内に入り、まずは先生のプチ講義。

今回は、たくさんの写真家さんの例を挙げながら、「グッとくる良い写真とは?」についてお話ししていただきました。

ママが我が子を撮って、可愛い写真が撮れるのは当たり前…。そこで終わりではなく、「うちの子可愛いでしょ!?」の一歩先の写真を撮りましょうよ!って。

うちの子の写真を、他人が飾りたいと思うかどうか?もっとたくさんの共感を得られる写真を撮るには、「私の写真ってこれなんです!」と、タイトル、テーマ、コンセプトを決めて撮ることが大事ですよ、と。

 

先生のお話を踏まえ、各自撮影タイムへ突入。

私もカメラ片手に館内を物色。今回の被写体は我が子ではなく植物。我が子以外、何をどうやって撮ればいいのやら…しかも、テーマ?コンセプト???

うーんうーんと悩みながら歩いていると、「今日の気分で撮ってみたらいいですよ!」と先生がアドバイスくださったのですが、今日の気分!?私の気持ちを表している植物って何!!?と、更に混乱(笑)

む、難しい…

同じように、悩みながらみなさんも撮られているようでした。

 

1時間ちょっと撮影した後は、外へ移動しレジャーシートを敷いてピクニック。

お昼ご飯を食べながら、各自どんな思いで今日撮影したか、今日の感想などを話し合いました。

同じ場所で、同じ植物を見ているはずなのに、みなさんそれぞれ感じ方、切り口が違っていてとても面白かったです!

そして、「子供以外何をどう撮ったらいいか分からない!」という声が多い中、「なんぼでも撮るものありますやん~!!!」と、先生。このやり取り、毎度ありますね(笑)

植物をただ普通に撮ってるだけではどうしても図鑑っぽくなってしまう…図鑑の写真ではなく、アートにするにはやはりテーマやコンセプトが大事なんだなというのが、他の方の写真を見て痛感いたしました。

いつもの我が子の撮影とは一味違った今回の遠足。

考えながら撮るのでなかなか難しかったと思いますが、またこういう機会があれば是非参加してみたいと!いうお声もいただけましたので、今後もこのような撮影会を企画していけたらなと思っております。

色んな受講生の方と出会えて刺激を受け合えるのもコトリノス遠足ならでは♪

次回は、遠足ではありませんが、年末のコトリノスグランプリに向けての講評会を予定しております。グランプリに応募候補の写真をそれぞれ持ち寄っての講評会で、去年も大変好評でした。他の方の写真をここでも見れるチャンスですよ!

詳細はまた決まり次第お知らせいたしますので、是非楽しみにしててくださいね!

過ごしやすい季節になってきましたので、カメラ持ってどんどんお出かけいたしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です