展示のあとのパネル活用方法

今日は写真展に使うパネルを展示のあとに、どんな風に使っていますか?と前回展示の参加者様にブログを書いてくださいと依頼しました!Iさん、ありがとうございます。

この向かって左側の一番大きなパネル、これが展示のあとにお家で飾っていただけるものです。
こちらの制作を展示の際に、事務局がまとめてくれて、webで一斉に申し込みます。それを展示して終了後はお家で飾るというものです。

(お値段にはこのパネルの費用が含まれています)

 

 

さて Iさんが書いてくださった文章が以下です。


子どもが頑張っている姿や家族の写真をプリントして、家に飾りながらコミュニケーションを取ることで、親が子どものことを大切に思っているという気持ちを、目に見えるカタチで伝えていく試みを

「ほめ写」と言うらしい。

写真を子どもの目に付きやすい場所に飾り、日頃から繰り返し見ることで、子どもの自己肯定感が伸びる可能性があるみたい。

効果のほどは分からないけど、少しでも自己肯定感をあげるべく、我が家では写真展が終わって持ち帰ったパネルを玄関に飾ってます

いつかおばあちゃんになって、私が先にいなくなってから、子供達が自己肯定感低くなるような時に、姉妹で

ママって写真が趣味やったよね。

私たちの写真いろいろ展示してくれてたよね。

なんか一緒にギターも聞いた気がする。

私たちのことを見てくれてたんやなぁ。

って、そんなふうにこの展示会を思い返してくれたらいいなぁ

残しておきたい瞬間は写真にしたので
こんどは展示会の空気や音楽、自分の写真が飾られるという経験を子供たちの記憶に残したいのです。

ママが子供に注ぐ目線、愛情、クスッと笑えるアルアルが写真を通して伝わってくるし、温かい気持ちになれる。また帰って写真が撮りたくなる。去年はそんな展示会でした。

今年もとっても楽しみです〜

 

I坂さん、ありがとうございます。

以下出展情報です。

●展示期間●
4月20日(土)~28日(日)

●出展費用●
1点3,500円 、2点5500円

※飾った写真パネル(30cm×20cm)はそのまま持ち帰ってお家に飾れます!
※表彰パーティーは欠席でも展示できます
※グランプリに参加されなかった方も展示できます
※ご自身の飾りたい写真を提出してください。

●●お申込●●
https://cotorinos.net/2019exhibition/

お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です