コトリノスグランプリ講評会☆

皆さんこんにちは♪事務局の鈴木です。

昨日は年末のコトリノスグランプリに向けての写真講評会でした!

毎年好評のこちらのイベント。
今年は、去年に比べると参加人数が少なめだったのですが、その分、一人一人の写真をゆっくりじっくり見ることができ、先生からもたくさんコメントいただけましたよ!

昨日は一人一人に時間がかけれるということで、いつもは褒めて伸ばすタイプなんですけど、今日はちょっと辛辣な意見も述べますね、と、まさかの辛口増田が出現するという事態に(笑)
その言葉通り、昨日は一つ一つの写真へのつっこみがいつもより激しかったと思います(笑)

なぜこの写真を選んだのか?

どんなテーマが自分の中にあってこの写真を撮ったのか?

持ってきた写真をカテゴリー別に分けてみて!!なんてことも(笑)

辛口増田に時折戸惑うこともありつつ(笑)、皆さん持参してきた写真の説明しっかりされてましたよ!さすがです!!!

写真を撮ってても、なかなか人の写真をゆっくりじっくり見る機会ってないですよね。
なので、私自身、毎回、この講評会はとても楽しみにしているイベントで。
参加するたびに、素敵な写真をたくさん目にして、ああ、こういう撮り方があるのかー、私にはこんな発想到底思い付かないわー!と、目からウロコの連続で。自分にないものを色々感じて、まだまだだわ私…と思うこと多々あるのですが…

当たり前のことですが、同じものを撮影したとしても、撮り手が違えば撮れる写真も全く違ってくる。
同じもの、同じ光の下で撮っていたとしても、出来上がった写真は十人十色。
そう、それでいいんです。
それぞれの、その人自身のフィルターを通して、その人にしか撮れない写真を撮ること。それが大事なんですよね。

自分の中のフィルターをいかに活かせるか???

先生のその言葉が強く心に残りました。

今年も、コトリノスグランプリの応募受付が始まっています。
今年たくさん写真を撮った方もそうでない方も、この一年を写真と共に是非振り返ってみてください。
そこにはきっと、あなただけのフィルターで、あなたの感性でシャッターを切った写真が必ずあるはずです。
そう、それこそが、「precious moment」だと思います!

是非是非、たくさんのご応募お待ちしてます!!!

また今年は、もう1つの課題部門として、「食」にまつわる写真も募集しております♪
こちらは撮影期間は問いませんので、昔撮ったお気に入りの写真で応募してくださっても構いません★

こちらもご応募、お待ちしております!!!

詳細はこちら↓

コトリノスグランプリ 応募方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です