講評会レポ&コトリノスグランプリ・展示会申込について☆

皆さまこんにちは♪事務局の鈴木です。
クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずか…いかがお過ごしでしょうか?

レポが遅くなりましたが、先日、毎年恒例のコトリノス講評会を茨木市のカフェワンシーンさんで行いました♪

少人数での開催ではありましたが、その分、お一人お一人の写真をじっくりゆっくりみんなで見れました♪

 

 

みなさん色んな写真を持ち寄ってくださったのですが、モノクロ写真や、おうちの中で撮ったいわゆる「リビングフォト」も多かった印象です。

皆さんのお子さんの年齢も性別も兄弟関係もバラバラ。だからこそ、他人の写真を見るのって、楽しいですよね〜

自分にはない観点というか。

なるほど、うちの息子が大きくなった時はこんな風に撮ればいいのか!とか。

こういう風に切り取れば、より伝えたいテーマが際立つのだな〜とか。

参考になること多々あります。

これだから、講評会はやめられません(笑)

講評会の中で、えみ先生が、「私たちの目線で撮る写真」が重要だと言われてて。

私たちはプロの写真家じゃない。撮った写真で食ってるわけじゃない(笑)

構図が素晴らしい、レンズワークが素晴らしい…商業的な写真はそれでオッケーかもしれません。

でも、あくまで私たちは、「ママ」カメラマンなんです。ただただ、愛おしい我が子の写真を撮りたいと、日々奮闘してるだけなんです。

技術はもちろん大事かもしれませんが、それだけじゃない。技術ばかりにとらわれずに、「感情」を乗せてこそ、ママの撮る写真なのではないか?と。

難しいことは考えず、その時の感情に任せて、シャッターを切ってみたらいいのかもしれません。

そして、どこにシャッターチャンスが転がってるかはわかりません!

今回、リビングフォトも多かったので、常に室内で撮れるようカメラを設定してそばに置いときなさい、とのことです(笑)素敵な瞬間を逃さないためにも、皆さんぜひ、設定いたしましょう(笑)

カフェワンシーンさんは、今年のコトリノス写真展を開催した場所でして、次回の写真展もこちらにお願いすることになっています。

口数少なめなダンディーなマスターの煎れる美味しいコーヒーやお食事を楽しみつつ、写真をゆっくり鑑賞していただけますよ♪

是非、あなたのお写真で、この素敵なカフェを彩っていただきたいと思います!

コトリノスグランプリ&写真展の申込みは絶賛受付中です!
年末の忙しい時期とは思いますが、1年の写真を見返す良いチャンス☆
ご参加、お待ちしておりますー!

ご応募方法詳細です。

■グランプリ応募方法■

 

photolesson@cotorinos.net

このアドレスに写真を添付して送ってください。

その際メールの件名を 「2019コトリノスグランプリ応募」としてください。

写真添付の他に、作者の名前、写真のタイトル、どちらの部門にご応募か

この3点を必ず書いてくださいね。

写真に一言添えたい場合はメッセージ(任意)もお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です